先生方の勉強法(曽根先生編)

 

国語)

  ひたすら読む事、同じ文章をわかるまで何度も読み続けていました。漢字に関しては努力次第です。やるかやらないかで結果が大きく違うと思います。文章を読解するにはある程度の教養も必要です。新書などを読むといいかもしれません。これは一概に言えませんが小説の読みすぎは控えた方がいいと思います。深読みしすぎる癖がついてしまうからです。

 (数学)

  計算力に関してはひたすら手を動かすだけです。ただ、計算のケアレスミスだけは放置してはいけません。必ずもう一度やり直すことが大切だと思います。数学は定義の上での議論ですので定義をおろそかにしてはいけません。そこから生まれる定理は全て導けるようにしていました。美しい答案を書くことを大事にしてください。美しいとは論理的に正しいことです。美しい答案を書ける人は明らかに数学力が高い人です。試験官の先生は見抜いてくれると思います。

 (英語)

  単語を書いて覚えることは無駄です。必ず口に出して覚えるようにしていました。自分が読んだ文章で出てきた分からない単語は必ず調べましょう。電子辞書でもいいと思います。中学生だからと言って中学生が知らなければいけないような単語だけを覚えるようでは将来に生きてきません。多少なりとも難しい単語でも覚えるようにしていました。いい英語の文章を見つけたらそれを暗唱できるようにしましょう。これは確実に文法力を上げられます。英語はフランス語ほどではないですが文法に忠実な言語です。文法を覚えさえすれば読めない文章は少なくなると思います。

 (理科社会)

  理科社会はとにかく興味を持つことが大事だと思います。興味はある程度自分で努力して苦手意識をなくすことによって生まれます。僕が受験生の時、理科社会は国数英での勉強疲れを取るためにしていました。好きになるとそうなると思います。

 

 勉強方法

  ベストな勉強方法は人によって異なるので一概に言えません。僕が行っていることも全ての人に当てはまるとは言えません。僕の知る限りベストな勉強方法を持っている人はいないと思います。ベストな勉強方法を見つけるには時間があまりにもたりないからです。勉強が本当に得意な人は常にbetterな勉強方法を探し続けている人です。

 

勉強時間

  時間じゃなくて何をしたかが大切だという人がいると思いますが、僕はそうは思いません。多くの時間をかけることはモチベーションの向上にも繋がるし、何より本番の自信につながります。僕は高校受験でも大学受験でも緊張しませんでした。それは胸を張って十分と言える勉強時間を費やしたからだと思います。