腕組みする塾長 
希林学舎塾長の経歴の紹介です。

分かる勉強・受かる勉強のプロです!

 

1 名前  小泉 学

        (コイズミ ガク)

2 趣味  

   テニス 家庭菜園   読書(夏目漱石と村上春樹をこよなく愛する)

3 好きなもの  

   サッカー・ラグビー日本代表   いちご大福 松田聖子  

3 経歴

 東京都八王子市出身。

 八王子市立第一中学校時代は野球部のショートで3番打者、勉強もできて天狗になる。

 都立国立高校に入学。天狗の鼻折られる。一浪後、早稲田大学教育学部に入学。脚本家の山田太一氏の後輩。作家の重松清氏、俳優の広末涼子氏の先輩。尚、これらの三氏とは、まるで面識はない。

 大学4年の6月、資格を取っておこうと軽い気持ちで教育実習を体験。生徒との心の交流にやりがいを感じ、自分の人生の居場所はここしかないと思い立つ。某県立高校の教員採用試験に合格し、なぜか中学校に配属される。ど素人の男子バスケットボール部顧問になる。すっかりハマって部活指導に精力を傾ける。勉強の仕方を部活の練習に応用し、市大会三連覇。その後、高校に異動。またしてもど素人の女子テニス部顧問として全国大会常連の私立校を破り団体優勝。

 仕事は主に進路指導を担当。首都圏の大学・短大を訪問し、教育方針や入試制度、進路先などの学校の情報を収集して回る。同時に生徒・保護者向けの進路説明会の講師として、キャリア教育、入試動向、失敗しない進路選びなどの講演をすること多数。その後、進路主任として受験指導、進路説明会、進路相談、講習、小論文指導など進路全般を担当。また、入試選抜委員長として入試の実務も担当。学年主任を6年、総括教諭を10年務め、近年は主に若手教員の指導を担当した。様々な学校を経験し、信条として持っているのはすべての生徒の実力を伸ばすこと。優秀な子だけを伸ばすのでなく、勉強が苦手な子だけを伸ばすのでなく、すべての子の、伸びようとする気持ちに応えてサポートすること。その手段として、情報収集および周知、合理的な学習の不断の追求を目指している。

 2019年3月、37年間務めた教員生活を辞め、理想の教育を目指し、希林学舎開校

希林学舎教室の前に立つ小泉学。外観
希林学舎設立までの塾長の経歴のご紹介

 

お問い合わせはこちらからどうぞ